エンタメ

香取慎吾の“カツケン”が大みそかに復活 本家・松平健との共演を「早く皆さんに見てもらいたい」

香取慎吾の“カツケン”が大みそかに復活 本家・松平健との共演を「早く皆さんに見てもらいたい」 画像1

 年末恒例の特別番組「年忘れにっぽんの歌」が、31日にテレビ東京で放送される。53回目となる今年は「一緒に歌おう」をテーマに、視聴者を裏切らない「絶対にはずさない名曲」を、6時間たっぷりと届ける。

 さらに、今回は来年1月期に同局で放送される連続ドラマに主演する香取慎吾が出演する。香取は、バラエティー番組で誕生した、松平健(マツケン)のパロディーキャラクター・カツケンとして、松平と共に「マツケンサンバ2」を披露する。

 香取と久しぶりの共演を果たした松平は「本当に懐かしくて、実現できるというのがとてもうれしかったです。香取さんがすごく盛り上げてくれたので、『マツケンサンバ2』がより一層楽しいものになりました」とコメントした。

 香取はオファーが来たときの気持ちについて、「いやもう、うれしかったです。暮れの歌番組は1年の中でもすごく貴重な場所で、大事な時間…。そこに呼んでいただけてうれしいけれど『いいんですか? お邪魔して』、歌うパートも『こんなに歌っちゃっていいんですか?』という感じでした。早く視聴者の皆さんに見てもらいたいです」とメッセージを寄せた。

 また、来年の抱負については、「まさか連続ドラマをこんなふうにやらさせていただけるときが来るなんて…。新しく人生を歩み始めてから3年がたって、連ドラをやっていた自分を自慢してみんなに言うぐらい、もうやることがないのかな、という感じになっていたんですけれど。お話を頂けて、ワクワクするし、楽しみだし、視聴者の皆さんのことを思う時間も、久々で楽しいし…。2021年はテレビ東京でスタートです」とコメントした。

 番組は、31日午後4時~午後10時、テレビ東京で放送。

香取慎吾(左)と松平健 (C)テレビ東京