エンタメ

木村拓哉「教場II」での熱演に「圧倒される」 衝撃のラストシーンが「怖過ぎて寝られない」

木村拓哉「教場II」での熱演に「圧倒される」 衝撃のラストシーンが「怖過ぎて寝られない」 画像1

 木村拓哉主演のドラマ「教場II」(フジテレビ系)が、3~4日に放送された。

 本作は、警察学校を舞台にした長岡弘樹氏の小説『教場』シリーズをドラマ化。第1弾は、2020年1月4~5日に放送され、主人公の“最恐”の教官・風間公親を演じた木村の熱演が話題となった。

 第2弾となる今回の放送では、200期生として入学した鳥羽(濱田岳)やめぐみ(福原遥)、さらに199期生だったがある理由で休学していた史穂(上白石萌歌)らが、さまざまな葛藤や秘密を抱えながら、次々と巻き起こる事件を乗り越え卒業していくまでを描いた。

 前作に続き、冷酷でありながらも、警察への強過ぎる使命感を持つ風間を見事に演じた木村について、SNS上には「キムタクの演技とオーラに圧倒される」「新境地を築いた気がする! ゾクゾクする緊張感と説得力。久々にいいドラマを見た」「キムタクの演技に毎回引かれる」など、絶賛するコメントが多数寄せられた。

 また、杣利希斗役の目黒蓮や稲辺隆役の眞栄田郷敦ら、生徒を演じた若手俳優たちの迫真の演技も話題になり、「目黒くんの役に懸ける思いを感じた」「郷敦の演技が怖過ぎた」といった投稿も集まった。

 エンドロール後に放送されたラストシーンでは、風間が右眼を失った経緯がついに明らかになったものの、まだ謎が多いことから「ありきたりなドラマとは、一味違うラストだった。伏線は回収できていないから、また次を見るしかない」「最後の最後にぶっ込んできたな…来年への伏線かな…?」と続編を期待する声も上がった。

 さらに、「ラストシーンが怖過ぎて寝られない」「衝撃で体が一気に動かなくなった」と驚きを隠せない視聴者も続出した。

上白石萌歌 (C)フジテレビ