エンタメ

渡辺えり&八嶋智人「今だからこそ笑って」 緊急事態宣言下での喜劇上演に思いを語る

渡辺えり&八嶋智人「今だからこそ笑って」 緊急事態宣言下での喜劇上演に思いを語る 画像1

 舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」制作発表記者会見が7日、東京都内で行われ、出演者の渡辺えりと八嶋智人が登場した。

 本作は、米問屋の箱入り娘・お染(渡辺)と手代(八嶋)が巻き起こす“ワケあり夫婦”のドタバタ珍道中。

 渡辺は「今回の緊急事態宣言を受けて、中止にしようとしている劇団も増えています。それでも上演するのは、コロナ禍だからこそ、生の演劇が必要なものだと再確認したからです。精神が追い込まれる今だからこそ、見に来て、大笑いして、大泣きしてほしい」と思いを語った。

 八嶋は「僕らはきちんと準備をして、万全に対策をしています。昨年の緊急事態宣言のときと違うところは、今は国や都が決めたガイドラインよりも、さらに厳しく対策をして、感染しない、広がらないことがクリアされた状態であることです」と話した。

 本作が喜劇初共演となる2人。役作りについて、渡辺は「八嶋くんは関西出身でユーモアがあるので、いじってくるんですけど、こちらは生真面目な東北人なのでムッとしていて…。それを生かしながら演じるのか、二の線でやるのか今迷っています」とコメント。

 また、「八嶋くんは二言、三言多い。記者会見で、私を『尊敬しています』みたいに言うんだけれど、『でも付き合うのは、ごめんだ』って言ったり。実際に好きにならなきゃいけない役なのよ。そういうことを会見で言いなさんなって」と叱って笑いを誘った。

 それを聞いた八嶋が「もう日常がこういう喜劇状態なので、喜劇というのは意識しなくてもいいのかな」と笑顔で返し、息の合ったところを見せた。

 舞台は2月1~17日まで、都内・新橋演舞場ほかで上演。