エンタメ

「監察医 朝顔 新春SP」出産シーンに反響 “桑原”風間俊介と“朝顔”上野樹里は「最高の夫婦」

「監察医 朝顔 新春SP」出産シーンに反響 “桑原”風間俊介と“朝顔”上野樹里は「最高の夫婦」 画像1

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の「新春SP」が、11日に放送された。

 今回のスペシャルは全編新撮で、朝顔(上野)と桑原(風間俊介)の出会いや、朝顔がつぐみを身ごもってから出産するまでなど、これまで描かれることのなかった物語がつづられた。さらに、初めて執刀助手として解剖に臨んだ朝顔のエピソードも描かれた。

 放送終了後、SNS上には、「死と向き合うことと、朝顔たち家族を描くことによって、生きる意味、命の大切さを温かく描いてるのがとても好き」「マジでいいドラマ。生死について考えさせられる。そして毎回感動して泣きそうになってる」といった投稿が寄せられた。

 また、朝顔と桑原が結婚し、妊娠から出産までを描いたシーンでは、桑原の良き夫ぶりや父親としての姿が改めて浮き彫りになり、「本当に桑原くんみたいな旦那さんがいい。すてき過ぎる」「つぐみちゃんの出産シーンは、やっぱ感動。いい旦那さんだな」「最高の夫婦だった」と憧れる視聴者も多かった。

 桑原の計らいで、朝顔と父親の平(時任三郎)が親子水入らずの旅行に出かけたことから、つぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ようと万木家に野毛山署の刑事たちが集まったシーンも話題に。特に、森本琢磨刑事(森本慎太郎)とつぐみの姿は「かわい過ぎる」「2人の絡みは、尊さ100パーセント」と大きな反響を集めた。

「監察医 朝顔」(C)フジテレビ