エンタメ

中村倫也、北川景子の印象を語る 「もっとツンケンしているのかなと…」

中村倫也、北川景子の印象を語る 「もっとツンケンしているのかなと…」 画像1

 映画『ファーストラヴ』完成報告イベントが12日、東京都内で行われ、出演者の北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介と堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、島本理生氏の同名サスペンス小説を映画化。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る主人公の公認心理師・真壁由紀を北川が演じ、由紀の義理の弟で弁護士の庵野迦葉を中村が演じた。

 本作が初共演となった北川と中村。その印象を問われた北川は、同じ34歳ということで「初めましてだけどあまり緊張しないで会えました。同級生って感じでした」とにっこり。

 また、「ジェネレーションが一緒で、見てきた作品も一緒なので、それこそ『窪塚さんはカリスマ』『緊張するね』とかずっと言っていました」と明かした。

 中村は、北川の印象を「もっとツンケンしているのかな、と思っていたんですが、すごくオープンなマインドを持っている方。真面目だし、ストイックだし、仕事で求められることに対しての意識がすごく高い。本当にすてきで、僕と真逆だなと思いました」と語った。

 続けて、「僕はすぐサボっちゃうので、爪のあかを煎じて飲みたい。なので後で爪をください」とむちゃなお願いをして笑いを誘った。

 中村は、兄役の窪塚との共演については、「最初断ろうと思ったぐらい、恐れ多くて。一ファンというフワフワした感じを出さないように気をつけました。とても光栄でした」とコメント。

 対する窪塚は、中村のことを「言葉の選び方やセンスにしても、めちゃくちゃ頭がいい。顔もよくて、面白くて、そりゃ女はほれるわって思った」と語った。

 これには中村も「今、酔っ払っちゃいました。うれし恥ずかしオー・マイ・ハートですね」と語り、照れ笑いを浮かべた。