エンタメ

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」 画像1

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第3話が、21日に放送された。

 剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)の名前を呼んで、思わず抱きとめた。澪は元春に名前を呼ばれたことで、どこか懐かしい気持ちを感じ、自分でも不思議に感じていた。

 そんなある日、勤務を終えた元春が車を運転していると、倒れた自転車の脇にうずくまっている澪を見付ける。元春は放ってはおけずに澪のもとへ向かい、けがの手当をし、車に乗せて自宅へ送り届けた。

 そんな中、元春は小池良治(生瀬勝久)を偶然見付け、なぜ澪が自分の前に現れたのかを尋ねると、小池は「人生を変えても、つながりのある人間たちは変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる」と元春に伝える。

 今回は、元春が澪との過去を回想するシーンが随所に挿入され、2人の楽しかった時期や、結婚後にだんだんと関係が悪化していく姿も描かれた。

 明るい笑顔で、真っすぐに元春を思う澪の姿に、SNS上には「澪がひたすらかわいい」「女の私でもキュンキュンした」というコメントが寄せられた。

 また、結婚前の元春と澪のラブラブシーンが放送されると、「永遠に見ていられる」「キュンキュンが止まらない」と大きな反響を呼んだ。

 一方、自分の行動によって澪が変化していったことに気付き始めた元春については、「やっと気付いたか、澪ちゃんのつらさに」「本当に元春が自分で壊しちゃったんだなーって思い知るのを見てて切なくなった」といった投稿が集まった。

(C)フジテレビ