エンタメ

「ボス恋」子犬姿の玉森裕太に大反響 「こんなに犬の耳と尻尾の似合う男性、初めて見た」

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第3話が、26日に放送された。

 本作はファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)が鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事も恋も全力で走る姿を描いたラブコメディー。

 奈未は、付き合っているふりを解消したはずの潤之介(玉森裕太)から、「俺のこと好き?」と突然質問され、戸惑いを隠せない。さらに、潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

 その頃、「MIYAVI」編集部では、創刊号の校了が迫る中、麗子が、急きょインタビュー特集を別の人物に差し替えるよう指示を出す。特集を担当していた中沢(間宮祥太朗)は納得がいかず、「もう編集長には付いていけない」と言い出す。

 奈未が子犬になった潤之介の姿を妄想するシーンが登場すると、SNS上に、「30歳成人男性のかわいさではない」「こんなに犬の耳と尻尾の似合う男性、初めて見た」「このワンコ、保護したい」「わんちゃん玉森くんは反則でしょ! めっちゃかわいい。きゅんとする」といったコメントが多数集まるなど、大きな反響を呼んだ。

 一方、クールで仕事に熱心で、潤之介とはまた違った魅力を備える中沢にも熱視線が集まり、「中沢先輩の沼に落ちそうです」「中沢さんが話す言葉全部が名言ですてき。いちいちカッコ良過ぎてキュンキュンしっぱなし」「中沢先輩がめっちゃタイプ」などの投稿が寄せられた。