エンタメ

香取慎吾が1年1カ月ぶりに楽曲をリリース 「アノニマス」主題歌の“シークレット”が明らかに

香取慎吾が1年1カ月ぶりに楽曲をリリース 「アノニマス」主題歌の“シークレット”が明らかに 画像1

 香取慎吾主演のドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)の主題歌「Anonymous」(feat.WONK)を、香取本人が歌唱していることが1日、明らかになった。

 香取が5年ぶりに民放ドラマに主演した本作。SNSなどの誹謗(ひぼう)中傷の書き込みによる問題をテーマに、警視庁に新設された「指殺人対策室」の活躍を描くサスペンス。

 1月25日放送の初回では、放送中に「アノニマス」がツイッターのトレンドで1位を獲得。世帯平均視聴率が7.3パーセント(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得し、月曜午後10時開始の同局ドラマ枠で、歴代最高となるなど、好スタートを切った。

 また、初回放送時は、エンドロールに主題歌「Anonymous」とだけ書かれ、アーティスト名はシークレットとなった状態で、楽曲がオンエアされた。これを見た視聴者は、SNS上で「カッコいいけれど誰の曲だろう?」「声は慎吾っぽいけれど…」など、香取が歌っていることを期待する声が上がっていた。

 同楽曲は、香取としては、昨年1月1日にリリースしたアルバム『20200101』以来、1年1カ月ぶりの配信となる。アルバムにも参加していたソウル・バンド「WONK」との共作で、「暗闇の世界から光が見える」というメッセージが込められており、匿名犯罪をテーマとしたドラマとの親和性が高い楽曲に仕上がっている。

 ドラマは、毎週月曜午後10時、テレビ東京、テレビ大阪ほかで放送。

「Anonymous」(feat.WONK)配信ジャケット (C)「アノニマス」製作委員会