エンタメ

堂本光一、『SHOCK』の劇場公開に感謝の言葉 上田竜也「光一くんは、ジャニーさんの申し子」

堂本光一、『SHOCK』の劇場公開に感謝の言葉 上田竜也「光一くんは、ジャニーさんの申し子」 画像1

 映画『Endless SHOCK』初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の堂本光一、上田竜也、梅田彩佳、越岡裕貴、松崎祐介、前田美波里が登壇した。

 初演から20年、進化し続けるミュージカルが初めて映画館に登場。本作は昨年2月の公演中止後に、無観客の帝国劇場に多数のカメラと1台のドローンを持ち込み、最高のアングルから撮影された。

 この日は、帝国劇場から全国82の劇場に生中継を実施した。主演と監督を務めた堂本は、来場者に感謝を述べながら、「取りあえず、スクリーンの大画面に耐えられているかどうかがちょっと心配」と弱音を吐いて笑わせた。

 4日には舞台「Endless SHOCK -Eternal-」も開幕する。同舞台は、劇場公開される“本編”の3年後を描いたスピンオフ作品となる。

 堂本は「本編を見たことがない方にも“Eternal”を楽しんでもらうには…と考えたときに、『映画を同時期にやれば両方楽しめるのかな』と思ったのがきっかけです」と劇場公開の経緯を説明。「自分の思い付きから始まった部分もありますが、皆さんの協力を頂き、実現できたのがうれしい」と語った。

 上田は「(去年の)大阪公演中にその思い付きを聞いたときは、『すっげー面白いな!』とめちゃくちゃ興奮した。やはり光一くんて、ジャニー(喜多川)さんの申し子みたいな。影にジャニーさんの発想力がある。普通の人はなかなか思い付かない」と明かした。

 梅田は「この前、稽古場で光一さんが『ユーたちさ』ってサラッと言ったんです。『ジャニーさんみたいじゃない?』って私すごく興奮しちゃって」とエピソードを披露。

 これを聞いた堂本は「とてもジャニーさんにはなれないですけど」と照れ笑いを浮かべた。