エンタメ

田中圭、土屋太鳳の“裏の顔”に仰天 「おまえ、あのストレッチ何なん?」

田中圭、土屋太鳳の“裏の顔”に仰天 「おまえ、あのストレッチ何なん?」 画像1

 映画『哀愁しんでれら』初日舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCOと渡部亮平監督が登壇した。

 夫婦役を演じた田中と土屋は、これが3度目の共演。映画にちなみ「互いの知ってしまった裏の顔」を尋ねられた田中は「太鳳ちゃんはストレッチばか。現場でもずっとストレッチをして体をほぐしている」と切り出した。

 続けて、「自分も睡眠時間がなくて大変なのに、気が付くと、監督やスタッフの肩を『凝ってますね~』ともんでくれる。あるとき、僕の肩ももんでくれて『悪い、悪い』となったけど、やはりすごく上手で、さすがだなって…」と現場でのエピソードを披露した。

 ある時、“お返し”に土屋の肩をもんだという田中は「イメージ的に柔らかいじゃないですか。そうしたらまじガッチガチだった。『おまえ、あのストレッチ何なん?』とびっくりたまげた。『おまえが一番凝ってるやないかい!』って」とあきれたように語って笑わせた。

 土屋は「この凝りはどうしようもなくて…」と苦笑。一方「田中の裏の顔」については「圭さんは、裏も表もない。“ありのまま”が服を着て歩いてきたみいな感じ。寝癖もすごいまま現場に来るし、ジャージーを着てサンダルを履いてくる。でも、心が温かくてすごくすてき」と印象を語った。

 また、今月26歳の誕生日を迎えた土屋のために、サプライズでフラワーケーキが登場した。田中は「太鳳ちゃんには、ずっとこのままで成長していってほしい。いい経験を積んで“土屋太鳳の木”にいっぱい実が実っているので」とメッセージを伝えた。

 土屋は「早くは咲けないかもしれないけど、1日1日を大切に、枯れても、種のために枯れられたら」と独特の言い回しで感謝の言葉を述べた。