エンタメ

「天国と地獄」深まる謎にSNS上で考察合戦 「日高の妹とアメリカの九十九が怪しい」

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第4話が、7日に放送された。

 本作は、女性刑事の望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わる物語。

 日高がまた猟奇殺人を犯したことを知った彩子は、自分の体を使われたことに言葉を失う(※以降、<>内は入れ替わった後の人物名)。

 翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)から事情聴取を受けるが、彩子<日高>と日高<彩子>がやり取りをする様子を目撃した河原は、違和感を覚え、疑惑の目を向ける。

 一方、陸(柄本佑)は、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていた。

 証拠不十分で解放された日高<彩子>だが、頼みの綱だった八巻(溝端淳平)に、これ以上協力できないと言われ、絶望的な気分になる。そんな中、河原が事件の目撃者情報をつかむが…。

 放送終了後、物語の深まる謎についてSNS上では、「日高がシリアルキラーなのか善人なのか分からない。日高と望月は入れ替わったというより、実は元に戻っただけ?」「日高が前に奄美に行ったのは、すでに誰かと入れ替わっていて、望月と同じ理由で尋ねたのかも」などの考察が投稿された。

 また、真犯人は日高以外の人物だと考える声も多く、「4の数字を見た日高は『まだ終わりじゃなかったんですか?』って敬語だった。アメリカの先輩の九十九(中尾明慶)が怪しい」「妹(岸井ゆきの)が殺しの常習犯で、日高は殺していなくて、後始末の清掃人なのか…」「日高の子どもの頃のおじいさんの話はポイントだろう」「陸の先輩が犯人説も考えてしまう」などの考察合戦が繰り広げられた。