エンタメ

森七菜「あざといぐらいがちょうどいいかも」 松村北斗と“キュンとくる告白方法”を伝授

森七菜「あざといぐらいがちょうどいいかも」 松村北斗と“キュンとくる告白方法”を伝授 画像1

 映画『ライアー×ライアー』バレンタイン&公開直前イベントが10日、東京都内で行われ、出演者の松村北斗(SixTONES)と森七菜が登場した。

 本作は、クールでイケメンな義理の弟・高槻透(松村)と、ギャルJKのふりをした恋愛経験ゼロの地味系女子・高槻湊(森)が織り成すラブストーリー。

 理想のバレンタインを尋ねられた松村は「学校で呼び出される。机かロッカーにチョコが入っている。そんな経験したかった…」とボヤいた。

 続けて、「チョコは小1のときに1個もらっただけ。学生時代は、バレンタインデー当日に自分の机の中を朝一でゴソゴソ探ったけれど、一度も入っていなかった。隣の男子がこっそりスクールバックにチョコを隠すのを見て、俺もコソコソしてえ、校舎裏とか呼び出してよって思っちゃいました」と明かした。

 そんな松村は、バレンタインに向けて「『チョコが好き』と言ってみたり、授業中の手の上げ方や、朗読も声を低く意識したりした」と告白。森から「(チョコをもらえなかったのは)そういうところじゃない?」とバッサリ斬られた。

 お悩み相談パートでは、「キュンとくる女性からの理想的告白方法」を伝授した。松村は「学生ならば呼び出し。昼休みに『ちょっと放課後にいい?』と先手を打つ。場所は人目につかない校舎裏だと燃える。相手の女性からチョコを渡されたときに『渡すだけの思いはあるよ』と言われたらグッとくる」と語った。

 森は「あざといぐらいがちょうどいいかも。チョコはハート型が必須。ペンで好きと書いて『こういうことだから』と分からせる」とストレートな告白を提案し、松村に「ぶっきらぼうなところが逆にいい」と感心されていた。

 映画は2月19日から公開。