エンタメ

「天国と地獄」綾瀬はるかの美貌に称賛の声 犯人考察では「居酒屋の大将が似顔絵とそっくり…」

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第5話が、14日に放送された。

 本作は、女性刑事の望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わる物語。

 日高は誰かを守るために殺人を犯しているのか? そもそも犯人ではないのか? 彩子は日高という人間が分からなくなっていた(※以降、<>内は入れ替わった後の人物名)。

 そんな中、陸(柄本佑)が日高<彩子>を訪ねて来る。陸は彩子<日高>が利用しているコインロッカーの中を調べたところ、日高宛ての手紙を見つけたという。

 同じ頃、コ・アース社では、日高が連続殺人の容疑者であることや、事件に関する情報がSNS上に拡散され、騒動となっていた。

 一方、河原(北村一輝)は、彩子と日高がつながっていることを疑い、調べを進める過程で、ある漫画のキャラクターに行きつく。

 放送終了後、SNS上には、「綾瀬はるかのドレス姿が美し過ぎた」「日高のせりふに『半沢直樹』が出てきて噴いた。コミカルな要素が絶妙」などの感想が投稿された。

 また、今回も物語の謎についての伏線が多く張られていたことから、SNS上は考察合戦となり、「子どもの頃に日高と女の子が入れ替わり、さらに高校の頃に老人と入れ替わっているのだろうか」「日高は二重人格で、満月の夜だけもう1人(真犯人)が現れる」「日高とトダカズキと師匠(迫田孝也)は、幼少期に何かありそう」など、さまざまな意見が寄せられた。

 さらに、河原が調べていた殺人事件の不審者の似顔絵と、居酒屋の大将の顔が似ているという指摘もあり、「大将がめちゃ映るなと思ったら、似顔絵の人とそっくりじゃん」「居酒屋の大将、よく見たら似顔絵と同じところにホクロがあったけど…」などのコメントも投稿された。