エンタメ

長友佑都「日本を世界一の美尻大国に」 「SAURUSアンバサダー」に就任

長友佑都「日本を世界一の美尻大国に」 「SAURUSアンバサダー」に就任 画像1

 スポーツサプリメントの開発、販売を行う「SAURUSアンバサダー就任発表会」が15日、東京都内で行われ、美尻に特化した女性専用パーソナルトレーナーとして活躍するモデルの宮河マヤが出席。プロサッカーの長友佑都選手もビデオでメッセージを寄せた。

 今年1月に「SAURUS JAPAN」への資本参画を発表した長友選手は「質の高い筋肉、体作り、パフォーマンスアップを目指しているときに、同社の商品と出会い、今では継続して飲むほどSAURUSシリーズのファンになりました」と説明。

 また、同社が掲げる「挑戦する」「結果を出す」「周囲に影響を与える」の三つを達成できる人こそがプロフェッショナルであるという考えに「非常に共感した」といい、資本参画を通じて「プロフェッショナルを支え、微力ながらたくさんの方にSAURUSの魅力を発信していけたら」とアピールした。

 今回は、宮河と共に“SAURUSアンバサダー”にも就任。長友選手は「プロアスリートとして、日々のトレーニングやアミノ酸摂取の重要性、より効果的で質の高いパフォーマンスを発揮し、維持していくための食事やサプリメントなど、これまでの選手生活で培ったさまざまな情報を発信していきたい」と語り、アンバサダー就任を機に「日本を世界一の“美尻大国”にしたい」と語った。

 この日は、長友選手が普段行っているという体幹トレーニングを、宮河ら5人の女性たちが会場で実践。美尻トレーナーとして活躍する宮河は「美尻になったメリット」について、「全てです。何より太らなくなり、今、正直4000、5000キロカロリーを食べても全く太りません」と笑顔を見せた。