エンタメ

「知ってるワイフ」“澪”広瀬アリスが思いを告白 “津山”松下洸平に「幸せになってほしい」の声

「知ってるワイフ」“澪”広瀬アリスが思いを告白 “津山”松下洸平に「幸せになってほしい」の声 画像1

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第8話が、25日に放送された。

 朝、剣崎元春(大倉)が目覚めたとき、口論の末に家を出た妻の沙也佳(瀧本美織)の姿はなかった。

 翌日、元春の支店に、沙也佳から洋服などが詰まったスーツケースが送られてきた。家を追い出された形になった元春は、その夜、津山千晴(松下洸平)の部屋に泊まり、沙也佳に電話をするが、彼女の機嫌は直らなかった。

 関係修復の仕方が分からない元春が、津山の部屋に泊まり続けているうちに、沙也佳はある決断を下す。

 一方、澪(広瀬アリス)と津山は順調に交際を続けるも、澪はどこかしっくりしない。そして、週末、銀行のマラソン大会で、澪は津山から元春が離婚をすることになったことを聞かされ、心が揺れ動く。

 放送終了後、SNS上には、「毎週イラっとするけど、続きが気になって仕方ない」「このドラマは全ての既婚者が見るべき」「結局、元春は自己中で奥さんを見てないから同じ過ちを犯すんだね。切ない」といった投稿が寄せられた。

 また、物語のラストでは、澪が元春に思いを告げるシーンも放送され、「美しかった…木陰に座る2人も絵になっていた」「キュンキュンした! 澪は積極的だったよね」といった声が集まった。

 その一方、澪をいちずに思う津山について、「津山さんがかわいそうだよ…」「ふびん過ぎる…幸せになってほしい」「津山主任が幸せになる未来が見えないのが悲しい」などのコメントも相次いだ。

津山千晴役の松下洸平 (C)フジテレビ