エンタメ

柳楽優弥、モンゴルでの過酷な撮影を回顧 「オオカミと向き合うってなかなかない」

柳楽優弥、モンゴルでの過酷な撮影を回顧 「オオカミと向き合うってなかなかない」 画像1

 映画『ターコイズの空の下で』初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、主演の柳楽優弥とKENTARO監督が登壇した。

 本作は、裕福な家庭で甘やかされて育った日本人男性タケシ(柳楽)が、実業家の祖父により、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すために突然、外モンゴルの草原に送り込まれる物語。

 モンゴルで3週間ほど生活しながら撮影したという柳楽。首都ウランバートルから実際にゲル生活を送る草原まで、車で10時間ほど掛かったという。

 柳楽は「もちろん電車もなく、砂漠地帯になっていくのですが、暗くなってきて、目印もない。モンゴルの運転手さんが『道に迷っちゃったよ』とすねちゃって。プロデューサーが『やばい、俺が運転しなきゃ』となっていた」と語った。

 劇中には、オオカミと闘うシーンも登場するが、「オオカミがつながれているのが細いリードみたいなもので、オオカミは余裕で(リードを)切れそう。大丈夫なんですかって…」と恐怖を感じたことを明かした。

 さらに、「監督は『オオカミは目が悪いから大丈夫だ』と言うけど、鼻が利くんじゃないかなと思うと怖かった。オオカミと向き合うってなかなかない。オオカミが何を考えているのか分からないし」と振り返って笑わせた。

 また、柳楽はCG一切なしの爆破シーンについて、「10分ぐらい耳鳴り止まらなくなっちゃって。そうしたら監督が『大丈夫だ』って抱きしめにきてくれた。クレイジーな体験でした」と語った。

 そんな過酷な撮影にも安心して挑めたのは、「モンゴルのクルーたちが“俺たちが守る”みたいな感じで心強かったから」だといい、「また成長できたかなと。撮影というよりも本当に旅をした感じでした」と笑顔を見せた。