エンタメ

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式 画像1

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第7話が、4日に放送された。

 本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描く医療ドラマ。

 まだら認知症を抱える雪乃(安達祐実)は、定期健診で突然、自分の年齢が言えなくなる。症状の進行に不安を感じる雪乃を、真空は「気分転換に、一緒に往診に行きませんか」と誘う。

 真空や朔、太陽と共に佐和子(水野久美)の家を訪れた雪乃は、虹ノ村に古くから伝わる伝統的な“虹ノ洞穴”の婚礼の写真を見付けるが、「結婚式の記憶がない」と顔を曇らせる。

 そんな雪乃の心中を察した真空は、村の皆を召集し、雪乃と夫の晴信(眞島秀和)の結婚式を提案する。最初は戸惑う晴信だったが、愛する妻の願いをかなえたいと一念発起。村人たちは大張り切りで準備をし、2人は婚礼の日を迎える。

 SNS上には、「晴信の雪乃への大きな愛と優しさが伝わってきた。すてきな話で号泣した」「雪乃はつらい病気だけど、彼女を支える虹ノ村の人々はポジティブで温かい。模範村だなと思う」「安達祐実の演技力がすさまじかった。夫婦の愛の深さに泣けた」などの感想が投稿された。

 また、花嫁衣装の雪乃や、結婚式当日まで新婦の世話をする“馬役”を務めた真空への反響が集まり、「安達祐実の結婚式の衣装がめっちゃきれい。高貴な衣装がまた似合う」「リアカーを引いている馬役の真空先生がかわい過ぎるし、雪乃の花嫁姿は美し過ぎる」などのコメントが寄せられた。

第7話場面カット (C)テレビ朝日