エンタメ

「その女、ジルバ」“くじらママ”草笛光子に絶賛の声 「ドラマというより舞台を見ているようだった」

「その女、ジルバ」“くじらママ”草笛光子に絶賛の声 「ドラマというより舞台を見ているようだった」 画像1

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の第9話が、6日に放送された。

  ミレ(江口のりこ)の結婚パーティーの夜、突然倒れてしまった「くじらママ」こと、きら子(草笛光子)は、検査の結果、ただの飲み過ぎだと判明した。

 新(池脇)たちは胸をなでおろすが、腰を強打したことから、念のため、店の2階にあるジルバの部屋で養生し、新が看病することになる。

 そんな中、なぜかエリー(中田喜子)やナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)が相次いで体の不調を訴え、店を休むことに。このままでは、幸吉(品川徹)と2人だけで店を開けざるを得ないと焦る新だったが、大田原真知(中尾ミエ)が現れ、店を手伝うという。

 放送終了後、SNS上には、「あっという間だった」「毎週泣いちゃう」「今期、一番好きなドラマ」という感想が寄せられた。

 きら子が自身の過去を新に打ち明けるシーンが放送されると、草笛の演技を「演技力や存在感に本当に圧倒され、胸を打たれた」「ドラマというより舞台を見ているようだった」「つらくて悲しくて胸が苦しくなった。舞台のような演出と草笛さんの迫真の演技に泣いた」と絶賛する声が相次いだ。

 また、「草笛さんと中尾さんの格好良さが、やっと理解できる年齢になった。どうしたらあんなに格好良くなれるんだろう」「草笛さんが本当にすてき。ファッションもすてき。日本にあんな87歳がいることが誇り」といった投稿も集まった。

(C)東海テレビ