エンタメ

R-1優勝のゆりやん「みんなに感謝しかない」 次の目標は「アメリカに行って芸人になりたい」

R-1優勝のゆりやん「みんなに感謝しかない」 次の目標は「アメリカに行って芸人になりたい」 画像1

 “ひとり芸”ナンバーワン決定戦「R-1グランプリ2021」の優勝者リモート会見が7日に行われ、王者となったゆりやんレトリィバァが登場した。

 19回目となる今大会には、2746人がエントリー。決勝戦では出場者10人が熱戦を繰り広げ、高得点を獲得したゆりやん、ZAZY、かが屋・賀屋がファイナルステージに進出。それぞれがネタを披露した結果、ゆりやんが勝者となった。

 優勝決定の瞬間は号泣したゆりやん。「本当にうれしいです。芸人になってからずっと『R-1グランプリ』を目指してやってきたので、どうしても頂きたかった賞ですし、今日までファンの方も、スタッフさんも、先輩、後輩とか同期も、みんな協力してくださったのが、頭をよぎって感謝しかないです」と喜びを爆発させた。

 闘っている最中の心境を聞かれると、「R-1に出させてただくたびに、絶対に優勝したいと思っていて、負けた年は次のR-1まで、またこの1年が始まるんか~という悔しさをずっと抱いてきたので、今年は絶対に優勝したいという思いがありました」と回顧。

 「優勝したことを、真っ先に誰に伝えたい?」との問いには、「マイケル・J・フォックスです。ツイッターをフォローしているのでダイレクトメッセージを送ります」と答えて笑わせた。

 「女芸人ナンバーワン決定戦 THE W」の初代優勝者でもあるゆりやん。“二冠”の達成に「とてもうれしいです。『THE W』もうれしいしんですけど、小学生のときから見ていたR-1という大会を、芸人になって目指してきて、ついに頂けたというのがダブルでうれしく思います」とコメント。

 “次なる目標”は「渡辺直美さんはアメリカに行かれて、すごく尊敬しているので、私もいつかアメリカに行って芸人になりたいです。一番目標にしてるのはアメリカです」と宣言した。

喜びを爆発させたゆりやんレトリィバァ (C)カンテレ