エンタメ

「ボス恋」“奈未”上白石萌音と“潤之介”玉森裕太の別れに 「しんど過ぎて切な過ぎて号泣した」

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第9話が、9日に放送された。

 潤之介(玉森裕太)からスケートリンクでプロポーズされた奈未(上白石)は、突然の出来事に驚いたものの、金沢に付いていくと答えた。

 翌日、奈未がいつものように編集長室にコーヒーを届けに行くと、麗子(菜々緒)の荷物がなくなっていた。驚くMIYAVI編集部のメンバーたちに、半田(なだぎ武)は、音羽堂出版の吸収合併後について説明する。そこに、新編集長として麻美(高橋メアリージュン)が現れ、麗子がMIYAVIから外されることになったと告げる。

 今回は、仕事に面白さを見出した奈未が、潤之介と結婚するために仕事を辞めて金沢に行くことに迷う姿が描かれた。

 潤之介が「どんなことがあっても俺を信じていいよっていうお守り」と言いながら、奈未に指輪を渡すシーンでは、SNS上には、「こんなすてきな指輪の渡し方初めて」「すごい指輪。ダイヤが何個付いてるの?」といったコメントが集まった。

 また、物語のラストでは、奈未が潤之介に指輪を返すシーンが放送され、「潤之介かわいそう過ぎる。つらい」「最後まで愛と優しさで包んで、奈未ちゃんの背中を押してあげられる潤之介くんは男の中の男…」「潤之介くんの優しさが泣ける。どうかどうか報われますように」「しんど過ぎて切な過ぎて号泣した」など、潤之介に思いを寄せた投稿が相次いだ。