エンタメ

市川團子、父・香川照之に「何回も聞きました」 市川染五郎「いつか2人で“弥次喜多”をやりたい」

市川團子、父・香川照之に「何回も聞きました」 市川染五郎「いつか2人で“弥次喜多”をやりたい」 画像1

 図夢歌舞伎「弥次喜多」オンライン取材会が10日に行われ、歌舞伎俳優で松本幸四郎の長男の市川染五郎と、香川照之(市川中車)の長男の市川團子が登場した。

 オンライン歌舞伎公演となる本作は、幸四郎と市川猿之助が演じるお騒がせコンビ「弥次喜多」の珍道中を描いた人気シリーズ最新作。2人は劇中で、金髪と赤髪の不良・梵太郎(染五郎)と政之助(團子)を演じている。

 染五郎は、本作について「今だからこそ、配信という形で上映をすることに意味があるのかなと思います」とコメント。

 團子は、「自分は、演じたものが映像に残るというのが初めての体験で、撮ってすぐに監督の猿之助さんに見られて、すぐにフィードバックが来るというのが新鮮な体験でした。フィードバックが来ないときは、何回も、大丈夫だったかを父に聞いて、猿之助さんにも幸四郎さんにも、教えていただくことが多かったです」と撮影時を振り返った。

 染五郎と團子は、幼い頃から歌舞伎俳優として切磋琢磨(せっさたくま)しながら、友人同士として共に成長してきた。

 「自分だからこそ知っている、互いの意外な一面は?」と聞かれると、染五郎は團子について「とにかくいつもテンションが高いです。最初に会ったときからテンションが高い人で、ずっと踊っているか、歌っています」と明かした。

 対する團子は、染五郎について「クールなんですけど、内心で笑っているところはかわいらしい、おちゃめなところだなと思います。近くにいると、フフッて笑っていて、今笑ってくれたんだなって思います」と笑顔で話した。

 また、「『弥次喜多』の役で、ほかにやってみたい役は?」との問いに、染五郎は「いつか2人で弥次喜多をやりたいねと話しています」と答えた。

 舞台は、Amazon  Prime Videoで国内独占配信中。

「弥次喜多」場面カット 松本幸四郎(左)と市川猿之助 (C)松竹