エンタメ

戸塚祥太、殺陣の手を覚えられず 「本番、何が起こるか分からない」

戸塚祥太、殺陣の手を覚えられず 「本番、何が起こるか分からない」 画像1

 舞台「未来記の番人」プレスコール・初日前会見が11日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、惣田紗莉渚(SKE48)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登壇した。

 本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里丸(戸塚)が、さまざまな人々と出会い成長していく姿を描く。

 今回、本格的な殺陣に初挑戦した戸塚は「大変なことだらけ。殺陣の手を覚えた次の日に、その反復をするのですが、全部覚えていない。ちょっと自分の中では初めての体験でした」と苦笑。

 ダンスを覚えるのは得意だが、「殺陣はそうはいかなかった。これはどうしたものかと思い、とにかくひたすら皆さんにお付き合いいただいて、何とかたたき込みました」と明かした。

 そんな戸塚は「ですので本番、何が起こるか分からない。僕、失敗する可能性大です」と冗談めかしてコメント。周囲を「自信満々に言わないで!」と慌てさせた。

 本作の見どころの一つがダンスカンタービレ。惣田演じる少女・紅羽とダンスで愛情を表現する戸塚は「(稽古中は)ずっとマスク越しだったので、惣田さんの“顔の下半身はどうなっているんだろう”とすごく気になっていた」と告白。

 前日からマスクが外れたが、「引き付けられる感じなので、僕は何もしなくていい。惣田さんの顔を見ていてれば自然とああいうダンスができる。自動です」と語った。

 惣田から「昨日初めてマスクを外して目が合ったときはどうしようと思った。思いませんでした?」と問い掛けられた戸塚は「いや、すごく見やすい。ずーっと見られる」とアクリル板越しに惣田の顔を見詰めて笑わせた。

 舞台は3月12日~4月11日、都内・新橋演舞場、大阪・大阪松竹座ほかで上演。