エンタメ

「その女、ジルバ」最終回に“ジルバロス”続出 「池脇千鶴の演技力に拍手」

「その女、ジルバ」最終回に“ジルバロス”続出 「池脇千鶴の演技力に拍手」 画像1

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の最終話が、13日に放送された。

 2020年10月、世の中の状況が一変し、あらゆる飲食店が窮地に陥る中、「OLD JACK&ROSE」もまた、客足が途絶え静まり返っていた。

 そんな中、新(池脇)は41歳の誕生日を迎える。店では、きら子(草笛光子)やエリー(中田喜子)ら、おなじみのメンバーによって、ささやかな誕生パーティーが開かれた。そのとき、幸吉(品川徹)が、この状況下ではどうにもならないと店を閉める決意を語る。

 放送終了後、SNS上には、「不思議としみじみした時間が流れたいいドラマだった」「久々に、見て良かったと思えるドラマに出会えた。生きてさえいればなんとかなる! ゆっくりでも前向きに日々を過ごしていきたい」という感想が寄せられた。

 さらに、回を重ねるごとに美しさを増していく新の姿を見事に体現した池脇の演技について、「やり過ぎじゃなくてとても自然だったのが印象的。さすが池脇千鶴さん」「若返るんじゃなく今の自分に価値を見いだして魅力的になっていくのが良かった。あんなふうに自分に自信を持って何にもとらわれずに生きたい」「池脇さんの演技力に拍手」といった声が多数集まった。

 物語はハッピーエンドを迎えたが、「最高だったけど、終わっちゃって寂しい」「来週から見られないと思うとつらい」と“ジルバロス”に陥る視聴者も多く、「ぜひスペシャルをやってほしい」など続編を望むコメントも相次いだ。

ドラマ「その女、ジルバ」最終話の場面写真(C)東海テレビ