エンタメ

乃木坂・樋口日奈、初主演舞台のフラダンスを披露 「100パーセント出し切って伝えたい」

乃木坂・樋口日奈、初主演舞台のフラダンスを披露 「100パーセント出し切って伝えたい」 画像1

 「フラガール-dance for smile-」稽古場公開が15日、東京都内で行われ、出演者の樋口日奈(乃木坂46)、矢島舞美、山内瑞葵(AKB48)ほかが出席。登壇者がフラダンスを2曲披露した。

 本作は、2006年に公開された映画『フラガール』の舞台化。昭和40年の福島県いわき市の炭鉱町を舞台に、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードと、フラダンサーを目指す女性たちの姿を描く。

 主人公の谷川紀美子を演じる樋口は「少女たちの、人の心を動かすほどの熱い気持ちや力強さを、見に来てくださった皆さんの心にぶつけられるように頑張ります」とあいさつした。

 樋口は本作が舞台単独初主演。「稽古場ではみんなが団結することが一番大事だと思っているので、みんなと早く仲良くなれることを心掛けました。私はあまり人見知りをしないので、扉全開で最初からすごく話し掛けました」と座長としての思いを語った。

 また、初演に続き、平山まどかを演じる矢島は「前回の公演と、また違うものを稽古でも感じていますし、全く違うものになるんだろうなと。今も本番がすごく楽しみです。見ている人の心に響くような作品ですので、たくさんの方に感動したと言ってもらえるように頑張ります」と意気込みを語った。

 コロナ禍での上演となる本作だが、樋口は「コロナ前は、お客さんがいるのは当たり前だと感じていました。でも、今、こういう状況でお客さんが来てくださることは本当にありがたいことで、かけがえのないことだと思います」と感謝を述べた。

 そして、「生で感じる感動が散りばめられているので、私たちも今できることを100パーセント出し切って伝えたいなと思っています」と語った。

 舞台は、4月3日~12日、都内・Bunkamuraシアターコクーンで上演。

(前列左から)山内瑞葵、樋口日奈、矢島舞美、(後列左から)隅田杏花、安田愛里