エンタメ

「ボス恋」 “奈未”上白石萌音と“潤之介”玉森裕太の恋の行方に 「キュンキュンの連続だった」

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の最終話が、16日に放送された。

 潤之介(玉森裕太)と別れ、極度の“潤之介ロス”に陥った奈未(上白石)は、中沢(間宮祥太朗)をはじめとする編集部の仲間に心配されながらも、なんとか仕事をこなしていた。

 一方、潤之介は、父・勝之介(宇梶剛士)と共に、取引先へのあいさつ回りや商談など、多忙なスケジュールをこなしていた。

 そんな中、MIYAVI編集部では、ブランドからの広告出稿の見送りが続出。責任を感じた麻美(高橋メアリージュン)は編集長の座から退く意向を伝える。

 そこで宇賀神(ユースケ・サンタマリア)は、麗子(菜々緒)に編集部に戻るよう打診するが、麗子の気持ちは変わらなかった。さらに、次号の表紙となる予定だった写真が、ネット上に流出していることが発覚し…。

 放送終了後、SNS上には、「これから潤之介くんを見られない日々が耐えられない」「すてきな最終回だった」「早くもロス」といったコメントが集まった。

 また、最終話では潤之介と奈未が再び思いを伝え合うシーンが放送され、「キュンキュンの連続だった」「最高に尊かった」などの投稿も多数集まった。

 さらに、奈未が作った中沢の名言を集めた「ツンデレ日めくりカレンダー」が劇中に登場すると、「販売希望!」「欲しい! どこで買えるの?」など大きな反響があった。