エンタメ

大泉洋「私、さっぱりしていません?」 「髪は癖があるが、性格はあまり癖はない」

大泉洋「私、さっぱりしていません?」 「髪は癖があるが、性格はあまり癖はない」 画像1

 映画『騙し絵の牙』公開前夜祭が25日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。

 本作は、雑誌編集長の速水(大泉)が、廃刊の危機に立ち向かうべく奔走する姿を描く。

 くせ者ぞろいの本作にちなみ、「自身の癖が強いと思う部分」について尋ねられた大泉は「髪は癖があるんですが、性格は実はあまり癖はないのかなって」と自己分析。

 「さっぱりしていません? 私」と尋ねられた松岡が「そうですね…」と応じると、宮沢も「はい…」と困惑気味に続いた。

 一方、池田から「“くせ者転がし”みたいなところはありますよね」と指摘された大泉は「確かに癖のある人は嫌いじゃない。うちの劇団のメンバーなんて癖だらけですから」と納得した様子。

 さらに、「あまりベテランの方々も怖がらない。今回も浩市さんや佐野さんは癖のある方でしたけどね」と続ける大泉に、佐野は「(自分がくせ者だと)自覚が持てないんだろうね」とあきれていた。

 また、「ウソを見破り、ウラを暴け。」という本作のキャッチコピーにちなみ、「今までについたうそ」を尋ねられた中村は「僕、身長が168センチだったのですが、プロフィールでは170になっています。実に15年以上。でも先日、生まれて初めて人間ドッグに行ったら170あったんですよ。言霊です」と驚きのエピソードを披露した。

 これを聞いた大泉が「だったら次は『172』と言っても大丈夫じゃない? そうやって頑張っていけば最終的に180センチになるかもしれない」と突っ込むと、中村は「それは証明したいです。50、60歳ぐらいで、180になれていたら…って、タケノコですか、私は」と返した。