エンタメ

昭和歌謡の風景を巡る散歩コラム 「東京レコード散歩」の増補版

d6568-1332-256534-1

 銀座・原宿・六本木、赤坂・渋谷に新宿、池袋に東京タワー、羽田空港…。日々変わりゆく東京の街並み。アーカイバー・鈴木啓之氏が、昭和歌謡の舞台となった東京のあの街・この街を訪ね、懐かしく、次世代に伝えていきたい曲にまつわるエピソードを語る「東京レコード散歩 追歩版 昭和歌謡の風景をたずねて」(東京ニュース通信社発行、講談社発売、税別2,000円)が3月31日に発売される。

 昭和歌謡の風景を巡る散歩コラム。2016年6月に発売された「東京レコード散歩」の増補版で、柴又編、下北沢編、横浜編も新たにプラスされている。全国の書店、ネット書店で予約できる。

 東京の地名や名所がタイトルや歌詞に登場する歌、ジャケットに街の風景が映っている東京のご当地レコード、350枚以上をオールカラーで紹介する。昭和の「あの頃」の「あの風景」が好きだった人々に贈る1冊だ!