エンタメ

山田洋次監督「彼も随分悩んだと思う」 志村けんさんの代役・沢田研二に感謝

 映画『キネマの神様』完成報告会見が29日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子と山田洋次監督が登壇した。

 本作は“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きた奇跡を描く。菅田と二人一役で主人公のゴウを演じることになっていた志村けんさんが、新型コロナウイルス感染症による肺炎で降板し、その後急逝したことから、志村さんの盟友である沢田研二が代役を務め、映画が完成した。

 山田監督は「主役が亡くなるなんてことは、僕の長い人生でも初めてのこと」と語り、代役を頼んだ沢田については、「どうなるか不安もあったけれど、最初、志村けんで考えていたのとはまた違った別の魅力がある、酔っぱらいでばくち好きの駄目なお父さんを演じてくれた。今はホッとしております」と語った。

 また、代役決定の経緯については、「彼(沢田)も随分、悩んだと思いますよ。何てたって志村けんは日本を代表するコメディアン。沢田さんは日本を代表する二枚目俳優で、全く対照的なポジションの2人ですから。でも、この2人が実は仲が良くて、かなりばかばかしいナンセンスギャグを一緒にやっているのを僕は何度も見ていて、それがとても好きだった。だから天下の二枚目が、当初、志村けんをイメージして書かれたこの役を、別の形でちゃんと表現してくれるんじゃないか、それが可能なんじゃないかと思い、そこに懸けて依頼しました」と振り返った。

 一方、菅田は「沢田さんがものすごくパワフルで、大暴れしていました」と語り、初参加となった山田組については、「撮影のシステムが執念の塊。他の現場とはまるで違う。山田監督が考えて止まると平気で1、2時間たつ」と明かした。

 映画は8月6日から公開。