エンタメ

2位は「ここは今から倫理です。」、3位「ペンションメッツァ」 2021年冬ドラマ Filmarks 満足度ランキング発表!

 

 プライム帯の作品も良かったけれど、深夜帯のコアな作品もなかなか面白かった2021冬ドラマ。映画やドラマ、アニメのレビューサービスを行うFilmarks(つみき・東京)は、サービス内のデータに基づいた「2021年冬ドラマ 満足度ランキング」を発表した。

 作品評価データは1月1日〜2月28日の間に放送・配信された作品を対象に、平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い順に「Filmarksドラマ満足度ランキング」として算出したもの(4月5日時点)。

 1位は宮藤官九郎脚本・長瀬智也主演の「俺の家の話」(★4.25/TBS系)。以下、2位「ここは今から倫理です。」(★4.09/NHK)、3位「ペンションメッツァ」 (★4.03/WOWOW)、4位「天国と地獄~サイコな2人~」(★3.97/TBS系)、5位「青天を衝け」(★3.92/NHK)、6位「夢中さ、きみに。」(★3.89/毎日放送ほか)、7位「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(★3.83/テレビ東京系)、8位「にじいろカルテ」(★3.81/テレビ朝日系)、9位「六畳間のピアノマン」(★3.79/NHK)、10位「直ちゃんは小学三年生」(★3.73/テレビ東京系)と続いた。

 まだ見ていない作品があったら、春ドラマがスタートする前に視聴しておくのも良いかもしれない。

Filmarks2021年冬ドラマ満足度ランキング【国内】
1位「俺の家の話(TBS系)」(★4.25/TBS系)
2位「ここは今から倫理です。」(★4.09/NHK)
3位「ペンションメッツァ」(★4.03/WOWOW)
4位「天国と地獄~サイコな2人~」(★3.97/TBS系)
5位「青天を衝け」(★3.92/NHK)
6位「夢中さ、きみに。」(★3.89/毎日放送ほか)
7位「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(★3.83/テレビ東京系)
8位「にじいろカルテ」(★3.81/テレビ朝日系)
9位「六畳間のピアノマン」(★3.79/NHK)
10位「直ちゃんは小学三年生」(★3.73/テレビ東京系)