エンタメ

「着飾る恋には理由があって」が放送スタート 川口春奈&横浜流星の同居生活に「最高過ぎた」

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の初回が、20日に放送された。

 本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 若者から支持を集めるインテリアメーカーの広報として働くくるみは、会社やSNSのフォロワー、そしてひそかに思いを寄せる葉山社長(向井理)のために努力する日々を送っていた。

 ところが、日々の業務に追われてマンションの契約更新を忘れていたせいで、部屋を追い出されてしまう。

 くるみは、「姉御」と慕う早乙女香子(夏川結衣)のマンションで暮らすことになるが、そこにはシンプルを追求するミニマリストの藤野駿(横浜流星)、駿のはとこで関西人の寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵の羽瀬彩夏(中村アン)が暮らしていて、縁もゆかりもない5人でのルームシェアがスタートする。

 放送終了後、SNS上には、「初回から最高過ぎた。川口春奈がかわいいし、横浜流星はカッコいいし、向井理も安定の大人男子だった」「川口春奈ちゃんのファッションがかわいくて、おしゃれ心と恋心に火がついた」「向井理の余韻に浸っている。めっちゃ好みでキュンキュンが止まらない」「川口春奈の傷心が、これ以上ないぐらい苦しかった。感情移入して泣いてしまった」などの感想が投稿された。

 また、「味わい深いドラマだと思ったら、『アンナチュラル』『MIU404』チームの作品だった。いいスタッフが手掛けると違いますね」「脚本が『恋つづ』の金子ありささんだし、演出が『MIU404』の塚原あゆ子さんで、主題歌も星野源。今後も期待しかない」など、制作陣に関するコメントも寄せられた。