エンタメ

「大豆田とわ子と三人の元夫」“しんしん”岡田将生が「いとし過ぎる」 とわ子との出会いや別れを描く

「大豆田とわ子と三人の元夫」“しんしん”岡田将生が「いとし過ぎる」 とわ子との出会いや別れを描く 画像1

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、20日に放送された。

 本作は、3度結婚し、3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも、幸せを見つけようとする姿を描く。

 ある日、八作(松田龍平)のレストランで慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)が出くわしたところに、偶然、とわ子と唄(豊嶋花)もやってくる。

 どんなに煙たがられてもめげることなく、とわ子に近づこうとする鹿太郎に、うらやましさを感じていた慎森は、公園で会った小谷翼(石橋菜津美)に弱音を漏らす。

 一方、鹿太郎は仕事で出会った女優といい雰囲気に。八作の店には、親友が恋人の三ツ屋早良(石橋静河)を連れてくる。

 先週に続き、脚本の坂元裕二らしい会話劇が展開したことから、放送終了後、SNS上には、「疲れもイライラも一気に溶けていった」「タイトルからしておとぎ話のようで、完全に安全圏から見届けている気分になれるので、ただただ楽しい」「下手なお笑い見るより全然笑えるし、元気になれる」といった感想が寄せられた。

 また、今回はとわ子と“しんしん”慎森のなれ初めや別れの原因も描かれたことから、「いとし過ぎる」「しんしんは、めっちゃ面倒くさい性格だけど、魅力がたくさん詰まっててとってもかわいかった」「しんしんが、ただの不器用さんのやきもち焼きで、ただのかわいい生真面目男だと知ってしまった…。これはもう完全にやられた」といったコメントも集まった。

岡田将生(C)カンテレ