エンタメ

「イチケイのカラス」“日高”草刈民代に「かっこいい」 “坂間”竹野内豊、因縁の事件が予想外の結末

「イチケイのカラス」“日高”草刈民代に「かっこいい」 “坂間”竹野内豊、因縁の事件が予想外の結末 画像1

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第7話が、17日に放送された。

 今回は、弁護士時代の入間(竹野内)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件が再び動き出した。

 この事件は、東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)が、被害者である同社の経営戦略部部長に異動を命じられたことが原因で度々トラブルを起こした揚げ句、部長を撲殺した罪で無期懲役を言い渡されたというもの。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。

 その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上したのだ。

 そこで坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を尋ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相が明らかにできると説得を試みる。

 放送終了後、SNS上には「今日が最終回かと思わせるほど良かった」「主人公たちが敵や権力におとしめられ逆境になるターンはあるけど、長引かせずスパッと逆転させるから見ていて爽快」といった投稿が寄せられた。

 また、12年前の事件で裁判長を務め、現在は最高裁判所判事の日高亜紀(草刈民代)が、最後に予想外の行動で正義感を見せたことから、「まさかの展開でびっくり」「大どんでん返し」といった声とともに、「やっぱり坂間が尊敬する人だった」「草刈さん、かっこいい」「日高さんの行動に感動した」などの反響を集めた。