エンタメ

波瑠「心の健康にも意識を向けたい」 “おうち時間”の気分転換は「爪やすり」

波瑠「心の健康にも意識を向けたい」 “おうち時間”の気分転換は「爪やすり」 画像1

 令和3年度スマート・ライフ・プロジェクト「世界禁煙デー記念イベント2021」が31日、東京都内で行われ、同プロジェクトのアンバサダーを務める女優の波瑠が出席した。

 厚生労働省は、WHO(世界保健機関)が定める「世界禁煙デー」(5月31日)から始まる1週間を「禁煙週間」とし、たばこ対策に取り組んでいる。

 この日波瑠は、未完の禁煙マークにその場でペイントを施し、禁煙マークを完成させるパフォーマンスを披露。「禁煙を既にしている方、これから取り組もうと思っている方は、自身の健康はもちろん、周りの方の健康のためにも、ぜひ頑張っていただきたい」と呼び掛けた。

 「スマート・ライフ・プロジェクト」が推進する4つのテーマ「運動」「食生活」「禁煙」「健診・検診の受診」にちなみ、「普段の食生活で意識していること」を尋ねられた波瑠は「バランスよく食べるようにしていますが、ストレスもよくないので、食べたいものを食べるように心掛けています」とコメント。

 運動については「忙しいとストレッチをするぐらいですが、時間があるときはパーソナルトレーニングを取り入れるようにしています」と明かした。もうすぐ30歳の誕生日を迎えるに当たり、今後の目標については「体の健康はもちろん、心の健康にも意識を向けたい。たくさん笑ったな、と思える1年にしたいです」と語った。

 また“おうち時間”におけるリフレッシュ法を尋ねられると、「暗い人だと思われたくないのですが、爪にやすりをかけるのが好き。爪切りでパチンパチンと爪を切るのでなく、やすりでシャシャシャとやするのですが、爪もきれいになるし、無心になれるので、気分転換にお勧めです」と笑顔で語った。