エンタメ

吉永小百合、映画館の営業再開に感無量 「スクリーンからは飛沫は飛びません」

吉永小百合、映画館の営業再開に感無量 「スクリーンからは飛沫は飛びません」 画像1

 映画『いのちの停車場』祝!全国公開記念舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、広瀬すず、田中泯と成島出監督が登壇した。

 本作は、在宅医療に携わる医師、患者、その家族の姿を描いた感動のヒューマンドラマ。

 この日、緊急事態宣言における休業要請などの緩和を受け、東京・大阪で映画館の営業が再開。先月21日に封切られた本作が、ようやく全国で上映される状況となった。

 主演の吉永は「今日は『いのちの停車場』東京の初日に来てくださいまして、本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 続けて、「スクリーンからは飛沫(ひまつ)は飛びません。お客様同士が今話をするということもほとんどなくなっています。そういう中で、映画の製作者の方たち、私たち現場で作る側、そして、興行主の方たちが声をそろえて『何とか映画館を開場してほしい』と声を上げてきました。マスコミの方も応援してくださり、映画ファンの皆さまも『待っているよ』と言ってくださった。今日このような形で映画を見ていただけること、東京、大阪で(映画館が)オープンしたこと、本当に、本当にうれしく思っております」と感無量の面持ちであいさつした。

 本作の宣伝活動で全国各地を巡った吉永。金沢では広瀬も同行したが、コロナ禍とあり「唯一の心残りは、一度もすずちゃんとご飯を食べられなかったこと。仕事が終わったらお部屋でルームサービスというのがずっと続きまして、それが残念でした」と語った。

 広瀬も「取材や舞台あいさつなど、お仕事以外で一緒に過ごせる時間が、全然なかったので…」と残念そうにコメント。吉永が「今度いつかね!」と呼び掛けると、広瀬も「ぜひ」と笑顔で応えた。