エンタメ

芳根京子、岡田将生は「“癒やしのまーさん”です」 岡田「彼女を支えたいという気持ちだった」

芳根京子、岡田将生は「“癒やしのまーさん”です」 岡田「彼女を支えたいという気持ちだった」 画像1

 映画『Arc アーク』完成報告会が2日、東京都内で行われ、出演者の芳根京子、寺島しのぶ、岡田将生、清水くるみ、小林薫、風吹ジュンと石川慶監督が登壇した。

 本作は、SF作家ケン・リュウ氏の同名短編小説を実写映画化。芳根は、不老不死の施術を受け、30歳の体のまま永遠の命を生きることになったリナを演じた。

 リナと引かれ合う研究者・天音を演じた岡田は、芳根の印象を聞かれると、「彼女の闘っている姿を見て、この小さな体のどこからそんなパワーが出てくるのかと思った。それがすごく美しくて、彼女を支えたいという気持ちでこの現場は一緒にいました」とコメントし、「よく頑張ったね」と芳根をねぎらった。

 続けて、「この映画のクランクインのシーンがキスシーンだった。すごく久々に会って、急にキスシーン。緊張しました。どうしようかな…と思っていたが、石川監督と3人で段取りを1、2時間、密にやって、リナと天音の関係性が深く理解できたので、ああいうシーンになったのかなと思います」と語った。

 一方、芳根は「『天音役が岡田さんになるかもしれません』と言われたときに『かも、なんてやめてください。決めてください!』とお願いしたぐらい」と明かした。

 「天音は大切な役なので、どなたがやるのか気に掛けていた。一度ご一緒したことのある岡田さんと聞いたとき、心の底からホッとしたし、岡田さんと一緒のシーンはちょっと心がポカポカするような気持ちでうれしかった。“癒やしのまーさん”です」と笑顔で振り返った。

 映画は6月25日から公開。