エンタメ

佐藤健、念願の『るろうに剣心』全国公開に笑顔 “雨男ぶり”を指摘されるも「思いが天に伝わった」

佐藤健、念願の『るろうに剣心』全国公開に笑顔 “雨男ぶり”を指摘されるも「思いが天に伝わった」 画像1

 映画『るろうに剣心 最終章 The Final 』大ヒット舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、武井咲、青木崇高、土屋太鳳、江口洋介と大友啓史監督が登壇した。

 本作は、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心(佐藤)の活躍を描いたアクション大作シリーズの完結編2部作の第1弾。

 『The Final』は、4月23日に封切られたが、東京、大阪では直後に出された緊急事態宣言の影響で映画館の営業が休止に。今月1日から営業が再開され、結果として『The Final』の上映再開と、2部作第2弾の『The Beginning』の公開日(6月4日)が近接した。

 観客の拍手で迎えられた佐藤は「『The Final』の方が先に公開されましたが、僕の気持ち的には、二つで一つの作品。同時に見ていただきたい作品なので、結果オーライ。むしろラッキーかな、ぐらいに思っています。皆さんには、二つの作品を同時に堪能してもらえたらと思います」と笑顔で呼び掛けた。

 また、この日は全国的に大荒れの天気となったが、以前の「るろうに剣心」のイベントでも、大雨が降ったことがあることから、SNS上では、佐藤の“雨男ぶり”を指摘する声もあった。

 司会者から「雨男なんですか?」と尋ねられた佐藤は「何で? 監督じゃないですか?」とトボけたが、大友監督をはじめ、共演陣は「めちゃくちゃ晴れ男です」「私は晴れ女ですよ」とそれぞれ主張した。

 佐藤は「晴れ男、晴れ女議論って何なんだよって、ずっと思ってるのですが、自分の主演作の完成披露とか、ほぼほぼ雨なんですよ。だから今日も思いが天に伝わったのかな?『よかった、今日も雨だな』と思って朝出ました」と開き直って、笑いを誘った。