エンタメ

山崎賢人、清原果耶との胸アツシーンを語る 「時を超えるからこそ、何げないせりふが粋になる」

山崎賢人、清原果耶との胸アツシーンを語る 「時を超えるからこそ、何げないせりふが粋になる」 画像1

 映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』公開記念イベントが6日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨と三木孝浩監督が出席した。

 本作は、わなにはめられて冷凍睡眠に陥り、30年後に目覚めた科学者・宗一郎(山崎)が、過去に戻って、かけがえのない存在である璃子(清原)を救おうとする純愛ラブストーリー。

 この日は映画にちなみ、会場近くの東京タワーを“純愛”をイメージしたピンク色にライトアップさせる演出が行われた。

 山崎は「公開が延期になってしまった作品ですが、タイトルが『夏への扉』なので、6月に公開できるのは逆に良かったんじゃないかと思っています」と笑顔でコメント。

 「お気に入りの胸アツシーン」について聞かれると、「果耶ちゃんと2人のシーンなんですが、時を超えるからこそ、普段の何げないせりふが、すごく粋になる。『さっきはごめんね』というせりふなんですが“さっきは”なんですよ。その間に、時を超えていろいろなことがあるので、何てすてきなんだろうと思いました」と語った。

 映画の内容にちなみ、「最近起こったサプライズ」についての質問も出た。山崎は「兄の子ども、めいが今2歳なんですが、会うとずっと泣かれていたんです。でも、この間会ったら『けんちゃん』と呼んでくれるようになって。めっちゃかわいくて、うれしくてサプライズでした」とエピソードを披露した。

 藤木は「この前、娘の誕生日にサプライズで飾り付けをしようと風船を注文したら、風船が75個、膨らんでない状態で届きまして。慌てて口で膨らませて、半日かかりましたが、娘が喜んでくれたのでよかったです」とうれしそうに語った。

 映画は6月25日から公開。