エンタメ

「着飾る恋」横浜流星と向井理の“全力疾走”に反響 「2人が必死になって走っている姿が好き過ぎる」

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第8話が、8日に放送された。

 本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)と、一つ屋根の下で暮らすマイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)の恋愛模様を描く。

 駿は、元彼女で以前勤めていた店「オルテンシア」のオーナーの娘でもある葉菜(山本千尋)と再会。葉菜から店に戻るように言われて動揺する。

 そんな中、家主の香子(夏川結衣)は、くるみと駿にフレンチレストランでの大人のデートをプレゼントする。

 しかし、デートを楽しみに待つくるみと、料理人として店に戻ることを決意した駿は、すれ違う日々が続き、くるみの不安は増すばかり。

 そんなくるみの様子を見かねた“シャチ”こと祥吾(向井理)が動き出し、くるみと駿の関係に大きな変化をもたらすこととなる。

 今回は、駿が祥吾よりもくるみにふさわしい男になるため、仕事に打ち込む姿が描かれた。ラストシーンでは、くるみとのデート時間に遅れて全力疾走で駆けつけた駿が、くるみと祥吾が2人で立ち去る姿を目撃する。

 放送終了後、SNS上には、「切ないラスト。シャチの逆襲が思ったより効いて、心臓が痛い」「せっかく駿が初めて『くるみ』って名前呼びで叫んだのに。くるみ気付いてー」「ラストシーンがつら過ぎた。今までがラブラブだったから、すれ違い始めると胸が苦しい」などの感想が集まった。

 また、駿と祥吾が全力疾走でくるみのもとに向かう場面に注目が集まり、「シャチ社長と駿の疾走が速くてカッコいいー!」「2人が必死になって走っている姿が好き過ぎる。イケメンとイケメンが自分を取り合うとか、キュンが止まらない」「駿はもう走るしかない! でも、うれしくて笑顔で走るシャチもかわいい過ぎる」などの反響が寄せられた。