エンタメ

近藤真彦、退所後初めてイベントに登場 「また一から頑張るつもりで」

近藤真彦、退所後初めてイベントに登場 「また一から頑張るつもりで」 画像1

 「サミー新規事業発表会」が9日、東京都内で行われ、ゲストとして近藤真彦ほかが登場した。

 昨年11月に25歳年下の一般女性との不倫が報じられ、芸能活動とレース活動を自粛していた近藤。先月、約半年ぶりにレース活動を再開したものの、芸能イベントに登場するのはこの日が初めてとなった。

 会場では、ポーカーの人気競技「テキサスホールデム」の新作ゲームアプリを体験。ゲーム対決では、負け続きとなった近藤だが、「本当に楽しい。ポーカーだけはちょっと大人っぽ過ぎて敷居が高いイメージがあったんですが、誰でも楽しめる。いいきっかけをもらったので、家でもやりたい」と興奮気味に語った。

 去り際に、報道陣から「芸能活動再開」についてコメントを求められた近藤は、「頑張ります。わざわざすみません」と笑顔で会釈。

 今後の予定については、「徐々に決めますので」とし、「歌は?」と聞かれると「もちろんです。いろいろスタッフと今打ち合わせをして、ファンの皆さんに喜んでもらえるように努力をしています」と前向きに語った。

 「ジャニーズの後輩とは話したか?」と問われると、「退所する前にいろんな方、後輩から連絡をいただきましたので」と答えたが、退所時に番組内で苦言を呈した東山紀之との連絡に関しては、「いや、それは話していないんで…」と言葉を濁した。

 最後に、近藤は「いろいろご心配をお掛けして大変申し訳なかったと思っています。また一から頑張るつもりでやりますので、ぜひ、お願いします」と力強くコメント。

 「ご家族の方とは円満ですか?」と聞かれると「大丈夫です」と笑い、「ちょっと太りました?」という指摘には、「余計なお世話だ」と苦笑しながら、会場を後にした。