エンタメ

室龍太、主演舞台で「笑いをお届けしたい」 Snow Man向井康二にドッキリ「引っ掛けて」

室龍太、主演舞台で「笑いをお届けしたい」 Snow Man向井康二にドッキリ「引っ掛けて」 画像1

 舞台「コムサdeマンボ!」取材会が9日、東京都内で行われ、主演の室龍太が取材に応じた。

 本作は、2019年に上演された舞台「どれミゼラブル!」の2年後を描いた作品。芸人兼見習い放送作家だったコムサ真二を中心に、バラエティー番組のスタッフルームで起こるドタバタを描く。

 約2年ぶりにコムサ真二を演じる室は、脚本を読んだ感想を「コムサ真二は、突っ込むワードも言い方も、僕なのかなと思うぐらい当て書きをしていただいている印象」と話した。

 そして、「ジャニーズだからこそのネタもあるので、いろいろな方に楽しんでいただけると思います」と本作の魅力を語った。

 本作では「すごい踊るらしいんですよ。マンボと付いているぐらいなので」とダンスも披露する予定。さらに、コメディー作品であることから、「笑っていただきたいですし、たくさんの笑いをお届けしたい。その中に人の優しさが入り混じった作品にできたら」と意気込みを語った。

 また、今年4月にジャニーズJr.を卒業したことについて聞かれると、「うれしい気持ちもありますが、『わっしょい』という感じではない。これからも引き続き、変わらずに。ここからだとも思っています」と心境を語った。

 今後は、「舞台にもたくさん出たいですし、ドラマや映像にも出たい。それから、バラエティー番組に本当に出たいんです」と意欲を見せる。

 特にバラエティーにおいては、「リアクション芸人として、メーンじゃなくていいので、ガヤに入れてください。誰か僕をドッキリに引っ掛けてください」と切望。「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)にレギュラー出演しているSnow Manの向井康二に向かって「お願い引っ掛けて」と呼び掛けた。

 舞台は、8月5日~8日に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティほか、東京、京都、静岡で上演。