エンタメ

山田洋次監督、北川景子は「映していてうっとりするぐらいだった」 「一番きれいなカットだとひそかに自負している」

山田洋次監督、北川景子は「映していてうっとりするぐらいだった」 「一番きれいなカットだとひそかに自負している」 画像1

 映画『キネマの神様』完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、前田旺志郎、宮本信子と山田洋次監督が登壇した。

 本作は“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きた奇跡を描く。

 映画の内容にちなみ、「撮影中に感じた奇跡」を尋ねられたキャストたち。昭和の銀幕スター・園子を演じた北川は「この映画の撮影中にちょうど子どもを授かっていて…」と語った。

 続けて、「まだ皆さんには報告していない時期でしたが、監督に一番にお伝えしたときに、『いいお母さんになってください』『子どもを持つという経験が、女優業をやっていく上で、また糧となって成長できるでしょうから、次のステップに行っても頑張ってくださいね』と言っていただいた。それが本当にうれしくて涙が出て…」とエピソードを語った。

 山田監督の激励を受け、「皆さんの足を引っ張らないように頑張ろうと、より一層強く思いました」と北川。

 また、「(昔の)撮影所にも、役者としてだけでなく、人として“女優の人生”のことを考えてくださる監督もきっといたんだろうな…と、ふとタイムトリップした感覚に陥りました」と振り返った。

 そんな北川について、山田監督は「本当にきれいな人で、映していてうっとりするぐらいだった」と絶賛。

 「あるワンカットでは、彼女がたくさん出てきた映画やドラマの中でも、多分一番きれいなカットだとひそかに自負しています」と明かした。

 北川が「どれですか?」と尋ねると、山田監督は「それはちょっと言えないけれど…」とにっこり。北川は「(心当たりは)ないです。後で、ちょっとこっそり粘って聞いてみます」と語った。

 映画は8月6日から公開。