エンタメ

「ナイト・ドクター」「医療について考えさせられる」 “朝倉”波瑠と“深澤”岸優太は「いいコンビ」

「ナイト・ドクター」「医療について考えさせられる」 “朝倉”波瑠と“深澤”岸優太は「いいコンビ」 画像1

 波瑠が主演するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第2話が、28日に放送された。

 本作は、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てた医療ドラマ。知られざる夜の病院の実態と、そこで奮闘する5人の若き医師たちの姿を描く。(※以下、ネタバレあり)。

 夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”として働く朝倉美月(波瑠)は、恋人の佐野大輔(戸塚純貴)の浮気現場を目撃してしまう。

 いつもと様子が違う朝倉の態度は、深澤新(岸優太)に見抜かれ、成瀬暁人(田中圭)に「職場に私情を持ち込むな」と言われてしまう。

 そんな中、深澤と高岡幸保(岡崎紗絵)は、指導医の本郷亨(沢村一樹)にウォークイン当番を命じられた。

 ナイト・ドクターは重症患者だけでなく、昼の診察に来られない外来患者も診なければならないのだが、緊急性のない患者の多さに深澤たちはへきえきしてしまう。

 放送終了後、SNS上には、「コミカルな昼の姿と緊迫の夜のメリハリがあって面白い」「医療についても考えさせられるドラマ」といった感想が寄せられた。

 また、深澤と朝倉が二人切りで語り合うシーンが放送されると、「2人は相性最高だよ! 仲良くなってるし!」「いいコンビ。これからどうなるか楽しみ」「これからどうなっていくのかな。うまくいくといいな」など、今後の関係に期待を寄せる声も集まった。

 さらに、何らかの病気を患い、時折、苦しそうな表情を見せる桜庭瞬(北村匠海)に処方されている薬の名前が映し出されると「心臓病っぽいけど…」「心臓外科ということは心臓移植かな」などの考察も集まった。