エンタメ

高杉真宙、壇蜜ら“12人の美女”との共演に照れる 「毎回緊張していて、すごく大変です」

高杉真宙、壇蜜ら“12人の美女”との共演に照れる 「毎回緊張していて、すごく大変です」 画像1

 ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」オンライン記者会見が5日に行われ、出演者の高杉真宙とゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長が登場した。

 本作は、休日課長のレシピ本『ホメられるとまた作りたくなる! 妄想ごはん』を原案に、妄想の世界に登場する美女たちに、食事を振る舞うモテない男・和田理生(高杉)の姿を描く。

 高杉にとって所属事務所を独立して以来、初の主演ドラマ。高杉は「ベースに料理があり、いろんな要素が詰まった理生くんを、独立させていただいてから初めてやるというのは、自分の新しい挑戦になっています。一つも手を抜かずにやっていきたいです」と意気込みを語った。

 1カ月半の間、料理の先生から指導を受けたという高杉。「包丁の持ち方から始まって、野菜を切る練習をひたすらやりました。長ネギのみじん切りの楽しさに気付くことができました」と笑顔で話した。

 休日課長は、著書がドラマ化されることについて、「僕はドラマを見るのが大好きなので、こんな夢がかなうんだって驚きました。本当に彼女がいなくて良かったなと思いました」とコメント。

 高杉の印象については「本当にイケメンです。対面して、改めて、本当にこの人が理生役をやるんだってイメージができなくなってしまったんですけど、作品を見て、役者さんってすごいんだなって実感しました」と話した。

 壇蜜、石田ニコルら“妄想美女”役の女性陣と、毎話共演している高杉。「妄想美女と共演した感想は?」との問いに、「僕は初対面の女性と、どう話したらいいのかが一つも分からないんです。今回、12話で12人の女性とお会いする中で、毎回緊張していて、すごく大変なんです。皆さん、緊張しながらやっているなと思って見ていただければなと思います」と告白して笑いを誘った。

 ドラマは、7月10日からテレビ大阪・BSテレ東で放送スタート(テレビ大阪 毎週土曜、深夜0時56分~、BSテレ東 毎週土曜、深夜0時~)。