エンタメ

「彼女はキレイだった」初回、小芝風花の演技に賞賛の声 中島健人のドSっぷりも話題「ケンティーにしかできない役」

「彼女はキレイだった」初回、小芝風花の演技に賞賛の声 中島健人のドSっぷりも話題「ケンティーにしかできない役」 画像1

 中島健人と小芝風花がW主演するドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系)の第1話が、6日に放送された。

 本作は、さえない太った少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛という真逆の成長を遂げた2人の、“すれ違う初恋”を描くラブストーリー。

 子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった愛(小芝)は、28歳の誕生日にアルバイトをクビになり、今やすっかりダサくなった自分の容姿や、何もかもがうまくいかない人生に激しく落ち込んでいた。

 そんなある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・宗介(中島)から、「帰国するので会いたい」とのメールが届く。

 久しぶりの再会に胸を躍らせる愛だったが、待ち合わせ場所に現れた宗介は洗練されたクールな男に成長していた。幻滅されることを恐れた愛は、代役として、一緒に暮らしている親友の桐山梨沙(佐久間由衣)を宗介のもとに向かわせる。

 放送終了後、SNS上には、「原作の韓国版も履修済みだけど、日本版らしさがあって良かった」「オリジナリティーもあってめっちゃ面白い」といった感想が寄せられた。

 また、さえない女性を演じた小芝への、「バリバリの美人なのにモサ女の役までできるの強過ぎる」「さすがの演技でかわいかった」というコメントや、ドSキャラを演じた中島への、「かっこ良過ぎ」「ケンティーにしかできない役」という投稿も相次いだ。

 さらに、愛が働き出した「ザ・モスト」編集部の先輩・樋口拓也を演じた赤楚衛二も、「ハマりそう」「笑顔がすてきで最強」と話題を集めた。