エンタメ

中村倫也「キャスティング理由はリュウと仲がいいから」 神木隆之介「ネットのことばかり信じないで」

中村倫也「キャスティング理由はリュウと仲がいいから」 神木隆之介「ネットのことばかり信じないで」 画像1

 映画『100日間生きたワニ』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、声優を務めた神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカ、上田慎一郎監督とふくだみゆき監督が登壇した。

 本作は、100日間のワニの日常と、そこから100日後の大切なものを失った仲間たちの姿を描いたアニメーション映画。主人公のワニを神木、ワニの親友ネズミを中村、ワニが憧れるセンパイを新木、イヌをファーストサマーウイカが演じた。

 公開延期を経てようやく初日を迎えた本作。神木は「何やかんやありましたけど、今日を迎えられてうれしいです。今後いろいろ大変だと思いますが、皆さんの心に届いたらいいなと思っています」とあいさつ。

 中村は「作品は見てもらって完成すると思うので、皆さんにめでていただければと思います」と語った。

 以前から親交のある2人。今回の共演の感想を尋ねられた神木は「気を使わなくていいのがすごく楽だった」という。

 神木は「一番最初に2人でせりふを言うシーンも、監督から『幼なじみ感が出るように』と言われたんです。幼なじみっぽい、ちょっとした気だるさ、言葉をはしょっても伝わるような信頼関係が見えなきゃいけない。それがトモくん(中村)とだったので、気を使わずそのままできたのがすごくうれしかったです」と明かした。

 これを聞いた中村は「僕のキャスティング理由は、リュウ(神木)と仲がいいかららしいです」とエピソードを披露。

 上田監督が「それだけではないです」と笑って否定するも、中村は「それだけで決めたって。ネットでいろいろ調べたら出てきました」と冗談めかしてコメント。

 これについて神木たちは「ネットのことばかり信じないで。何でネットって言っちゃうかな」と苦笑した。