エンタメ

「♯家族募集します」初回に「引くほど泣いた」 重岡大毅と仲野太賀の“演技の掛け合い”に反響

「♯家族募集します」初回に「引くほど泣いた」 重岡大毅と仲野太賀の“演技の掛け合い”に反響 画像1

 重岡大毅(ジャニーズWEST)が主演するドラマ「♯家族募集します」(TBS系)の初回が、9日に放送された。

 本作は、性格も価値観も違う男女4人と子ども3人が、一つ屋根の下で子育てをし、共に暮らしていく姿を描く新時代のホームドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 赤城俊平(重岡)は、ある事情で3カ月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う出版社に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

 そんな中、俊平は幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと提案する。

 蒼介のとっぴな提案にあきれる俊平だったが、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーで教師の桃田礼(木村文乃)から問い合わせが来たり、シンガーソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきの)が、6歳の息子・大地(三浦綺羅)と共に転がり込んできて…。

 放送終了後、SNS上には、「重岡大毅は世界で1番カッコいい。笑顔がいいのよ」「引くほど泣いた。ファミリードラマはやばい」「子どもがいない自分でも感情移入してしまうぐらい、すてきで心温まる話だった。初回からこんなに泣かせてどうするんや」などの感想が投稿された。

 また、重岡と仲野の演技の掛け合いにも注目が集まり、「太賀くんと重岡くんは演技の相性が良過ぎる。キャッチボールのシーンでボロボロ泣いてしまった」「重岡大毅と仲野太賀の掛け合いがマジでいい。2人とも泥くささがあって好き」などのコメントが投稿され、放送終了後に「♯家族募集します」がTwitterの世界のトレンド1位を獲得するなど反響を呼んだ。

「♯家族募集します」初回の場面カット (C)TBS