エンタメ

鈴木亮平主演の「TOKYO MER」第2話 「“比奈”中条あやみの成長していく姿が楽しみ」

鈴木亮平主演の「TOKYO MER」第2話 「“比奈”中条あやみの成長していく姿が楽しみ」 画像1

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第2話が、11日に放送された。

 本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。(※以下、ネタバレあり)

 工事現場での鉄骨落下事故に出動したTOKYO MER。危険な状況下の現場でオペをするチーフの喜多見幸太(鈴木)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)は反発するが、比奈が起こしたミスにより患者が危機な状態に陥り、比奈は自信を失う。

 そんな中、夏祭りで爆発事故が起こり、TOKYO MERに出動命令が下る。多数の重症患者を前に、比奈は立ちすくむが、喜多見から「あなたがやるしかない」と、たった1人での重大なオペを任され、命を守る試練に立ち向かう。

 放送終了後、SNS上には、「TOKYO MER、カッコ良過ぎでしょう。めちゃ泣ける」「喜多見先生のスーパードクターぶりにほれた。テンポが早いオペの場面がすごく迫力があった」「今週も面白かった。今週も石田ゆり子都知事がかわいくてほっこり」「ピンチのときに絶対に駆け付ける賀来賢人も好き」などの感想が寄せられた。

 また、今回は研修医・比奈の成長が描かれたことから、「覚悟を持ってオペに挑んだ比奈先生の姿がカッコ良かった」「比奈先生が不安を振り切りながら 目の前の命と向き合う姿が胸熱だった」「比奈先生の成長していく姿が楽しみ。鈴木亮平が理想の上司過ぎるし、フォローする菜々緒様もすてきだし、見守って応援したい」などの反響が集まった。

主演の鈴木亮平 (C)TBS