エンタメ

「ナイト・ドクター」“幸保”岡崎紗絵の演技に「泣きそうになった」 “成瀬”田中圭の「黙って読めよ」に「本気でしびれた」

「ナイト・ドクター」“幸保”岡崎紗絵の演技に「泣きそうになった」 “成瀬”田中圭の「黙って読めよ」に「本気でしびれた」 画像1

 波瑠が主演するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第4話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 搬送された女性患者を受け入れた朝倉美月(波瑠)と桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)。

 救急隊員から患者の花園詩織(松井愛莉)の恋人が付き添っていると聞いた幸保は驚く。付き添っていたのは、幸保の恋人の青山北斗(竹財輝之助)だったのだ。

 北斗は、店の宣伝のためにインフルエンサーの詩織を利用していたが、交際していると思い込まれたと幸保に説明した。

 そして、会うのは最後にしようと伝えると、詩織がつかみかかってきたので振りほどいたら階段から落下したという。

 納得できない幸保は、目を覚ました詩織が北斗を頼りきり、これ見よがしに甘える姿にイライラを募らせていく。

 放送終了後、SNS上には、「周りの声を気にせずに自分の正しいと思うことを貫くようになった高岡先生の姿勢と、彼女をそばで見ているからこそ守り、背中を押す仲間はみんなすてき」「高岡先生の『私は空っぽだ』っていう言葉、かなり刺さった。高岡先生は全く空っぽじゃないし、むしろ輝いてる」「誰もが抱えている孤独や、不器用に生きてる姿が描かれていて、岡崎さんのお芝居に何度も泣きそうになった」といった投稿が寄せられた。

 また、高岡が詩織の精神疾患を疑い、救命救急センターの医師らに資料を配布したが、嘉島征規(梶原善)をはじめとした日勤の医師から邪険にされる姿を見て、成瀬暁人(田中圭)が「黙って読めよ」と言い放つシーンでは、「本気でしびれた」「かっこ良過ぎて思わず変な声が出た」「その一言に全部持ってかれた」といった声が相次いだ。

第4話場面写真 (C)フジテレビ