エンタメ

藤原竜也、土屋太鳳に“行きつけバー”を教える 「太鳳ちゃんを待ってるかのように…」

藤原竜也、土屋太鳳に“行きつけバー”を教える 「太鳳ちゃんを待ってるかのように…」 画像1

 映画『鳩の撃退法』完成披露イベントが12日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬とタカハタ秀太監督が登壇した。

 本作は、直木賞作家・佐藤正午氏の同名小説を実写映画化。小説と現実、そして過去と現在が交錯しながら進む物語で、主人公の天才作家・津田伸一を藤原、彼に翻弄(ほんろう)される担当編集者の鳥飼なほみを土屋が演じた。

 全編、富山県で撮影された本作。撮影中の思い出を尋ねられた土屋は「私はバーが好きなんですが、竜也さんが教えてくださったバーがあって。撮影が早く終わったから、マネジャーさんと『行こうよ!』って、ワクワクしながら、ぱっと扉を開けたら、竜也さんが座ってらしたんです」とエピソードを披露した。

 これには、藤原も「失礼でしたよね。『ここ行ったらいいんでない?』と教えたら(自分は)行きませんよね。でも、僕行っているんです。太鳳ちゃんを待ってるかのように…」と苦笑い。

 風間が「別に失礼じゃない。さすが常連」とうなると、土屋も「そう!すごくなじんでらして」と笑顔で語った。

 一方、コーヒーショップの店員役で出演した西野は「監督が(藤原との)距離感を縮めるために、『ハグすれば』『お姫様抱っこしてみれば』と無理やり物理的に距離を近づけて、ちょっとほぐしてくれました」と明かした。

 劇中には、そうした設定はないという。「距離は縮まった?」と聞かれた西野は、「なんかちょっと照れちゃいました。でも確かに、気持ちはゆるっとなりました」と語った。

 映画は8月27日から公開。