エンタメ

林遣都「犬が変化していく姿を見られたのがうれしかった」 小泉進次郎環境大臣「犬には何でも話します」

林遣都「犬が変化していく姿を見られたのがうれしかった」 小泉進次郎環境大臣「犬には何でも話します」 画像1

 映画『犬部!』獣医学部生ティーチインイベントが13日、東京都内で行われ、主演の林遣都、篠原哲雄監督、小泉進次郎環境大臣が出席した。

 本作は、北里大学獣医学部に実在した動物保護サークルをモデルとした物語。イベントには、同大学の獣医学生がリモートで参加した。

 林は、劇中にも登場した保護犬のちえと共に登場。動き回るちえに引っ張られながらも、「こういった人が多い場所は緊張しちゃうのですが、飼い主さんと絆が深くて、関係性がすてき。顔も美人ですし、今やいろんな映像作品にも出演していて、ワンちゃん界では大女優。立派な出演者の一人です」と語った。

 また、学生からの質問で、「動物と接する上で気を付けたこと」を尋ねられた林は「監修の方から『とにかく話し掛けてあげて』と言われたので、『今日何食べたの?』とか日常会話をずっとするように心掛けました。そうしたら、自分のことを認識してくれたり、最初は近づけなかったのに、隣に座ってくれるようになったり。変化していく姿を見られたのがうれしかったです」とエピソードを語った。

 保護犬だったアリスを飼っている小泉環境大臣も、動物と接する上では、「林さんと同じで、『そのドッグフードおいしいの?』とか、何でも話します」と笑顔でコメント。

 保護犬にも個性があるとし、「最初にどこまで距離を縮めていいかを知ることも必要。うちの保護犬もそうですが、トラウマがある犬もいるので、そこに土足で踏み込むようなことをしてはいけない。そこは特に気を付けるようにしています」と明かした。

 映画は7月22日から公開。